2018年ベストバイ持ち歩き用HDD BUFFALO HD-PCFS1.0U3-BBA

2018年ベストバイ持ち歩き用HDD BUFFALO HD-PCFS1.0U3-BBA

カメラ、写真整理にオススメHDD:BUFFALO ミニステーションHD-PCFS1.0U3-BBA (1TB)

HD-PCFS1.0U3

一眼レフの写真整理や、お仕事データ管理にお悩みのみなさん!

ちっちゃいUSBメモリやSDカードをしょっちゅう無くして探し回ってるみなさん!

声を大にして言いたい!データの取り出しは持ち歩き用ハードディスク、

BUFFALO ミニステーション HD-PCFS1.0U3-BBA (容量:1TB)で決まり!!

1TBって多いの少ないの?どのくらいのデータが入るのか。

昨年9月、岩手旅行に行く前に、一眼レフを購入しました。

撮って撮って撮りまくる3泊4日旅行で、すぐにSDHCカード32GBはいっぱいになりました。

32GBで4日間って足りないですよ!2枚は必要ですね。

私は写真の保管を、旅行が終わったらすぐに、データを外付けのHDDに移行させる作業をして、SDHCカードを空にしてまた次の撮影機会に備えるというローテで回しています。

私が持っているHDDはseagateの2TBポータブルなので、どんどんデータを貯めていっても、空き容量があり、使い勝手も良いです。

ただ、この一眼レフを使い出してから、また、私の趣味が増えまして!!

「旅行写真集を自作する」

という、趣味にここ最近、没頭するようになりました(笑)

おかげで、このブログの更新作業も滞りがち・・・。

PhotoshopとIllustrator、そして、写真のデータを夜な夜なHDDから取り出して、

印刷用のデータに起こすという作業をしています。

写真集というか、旅行記というか、本を作って、岩手に行ったメンバーに配るのが目標です♪

もうすでに100ページを超えています(≧∇≦)

これは、photoshopデータが100個以上あり、4日分の写真データを見ながら、写真集に配置して行く作業を行なっているということです。

つまり、パソコンのローカルに保存して作業すると、とてもじゃないけれど、私のmacちゃんがいっぱいいっぱいになっちゃって、動きは遅くなるし、そもそもそんな量のデータが入らないので、負荷がハンパないってことですね。

だからと言って、保存用の2TB HDDを都度出してくるのは、データの保管上、あまりよくないでしょう

例えば、HDDがクラッシュしてしまったら、ここ以外に写真やらイラストやら、写真集データやら一括で入っているので、途端に地獄に落ちてしまいますね♪

作業用に別のストレージがいるなあ・・・

で、白羽の矢がったったのが、この1TBの持ち歩きHDD(ハードディスク)

この中に作業用のデータを入れて、かなりハードに作業してるんですけどね!

この1TBのHDDの中には上で述べた、写真集データ(psdファイル124個 29GB分)と、撮りためていた写真データ74GB(日々のお出かけおよそ10日分)や、その他諸々のイラストや動画ファイルなど入れても、現状、785GBの空き容量があります。

1TBって何GB? 写真データ1枚は何MB?

1TB=1000GB ,  1GB=1000MB

写真の単位やハードディスク、メモリーカードの単位でいうTBやGB、MBの容量は、上記のようになります。

では、1枚の一眼レフの写真には何MB使っているのでしょうか?

岩手山八幡平

この岩手山の雄大な写真は、元サイズが6000×4000の大きな画像です。

画像サイズは12MBあります。

日光廟大じゅう院

この鮮やかな仏像も元サイズが6000×4000の大きな画像です。

秋に、日光へ一人旅しまして、その時の日光廟大猷院の仏像です。

画像サイズは14.5MBあります。

ご参考まで・・・。

オススメポイント1:とにかく軽いくてコンパクト!!

1TBは、200gの手のひらサイズ。

まあ、詳しいサイズはアマゾンの商品説明に載ってるんでまた、見てもらいたいんですけど、

気持ち、お肉の200gより軽い気がします。

私のiphone6より軽いです。

BUFFALO ミニステーション USB3.1(Gen1)/USB3.0用ポータブルHDD 1TB HD-PCFS1.0U3-BBA

だからと言って、小さすぎず大きすぎず、手で握れるくらいのサイズ感です。

usbメモリや、SDカードがしょっちゅう無くなって探し回る・・・ということがなくなりました!

持ち歩きに便利なので、毎日通勤リュックにも入っています。

いつでもどこでも気軽に出し入れできるサイズです。

オススメポイント2:サポート充実。データ復旧サービスに対応

消えてしまったデータを復旧するバッファロー正規のデータ復旧サービスや、故障予測サービス「みまもり合図」に対応しています。

(データ復旧サービスは別料金)

持ち歩くために、壊れることも予想して、購入の決め手になりました。

初心者に優しい、相談窓口があるのも便利ですよね!

オススメポイント3:やっぱり安いが一番よね!

これだけのサポートが充実しているのに、私がアマゾンで購入した時は、¥6,852でした!

保証期間は1年ついています!

正直、同等品で別メーカーのものが同じようなお値段で3年保証がついていました。

私が、この商品を選んだ決め手は、データ復旧サービスと、発売日が2018年5月と、比較的最近のものだったからです。

結果、見た目もコロンとしていて可愛いし、満足をしています。

いかがでしたか?

私は持ち歩き用HDDで作業した成果物は、定期的に保管用のHDDに移行する作業をしています。

なんでも、入れっぱなしはよくないですからね!

持ち歩き用のハードディスクがこんなに便利だとは思いませんでした。

みなさんもぜひ、ご参考になさってください。

日々楽しむカテゴリの最新記事