バッファロー最新ルーター がぶつぶつ切れてめっちゃ困る!のでTP-Link中継器で改善した話

バッファロー最新ルーター がぶつぶつ切れてめっちゃ困る!のでTP-Link中継器で改善した話

バッファロー最新ルーターがぶつぶつ切れてめっちゃ困る!のでTP-Link中継器で改善した話

 

中継器RE505XとWSR-5400AX6ルーター

バッファロー最新ルーター WSR-5400AX6がぶつぶつ切れるのでTP-Link中継器 RE505Xを使ってみました。

(ここからちょっとの間だけわからない単語が出てきてもフウン( ´Д`)y━・~~くらいに聞き流してくださいねえ〜〜)

そもそも、なぜバッファローWSR-5400AX6にルーターを変更したかというと、まあ、

・速いwifiに変更したかった

・ネット野球中継が切れるのでなんとかしたかった!!!

・wifi6に規格変更したかった

・接続業者回線をipv4からipv6に変更したかった

ルーターの選択肢としては

①ipv6とwifi6を両方兼ね備えたルーターであること

または、

②メッシュ環境を構築し、家全体にwifiが届くようにすること

悩みまくったのですが〜〜

現時点では、私の予算(2万円)の範囲内で①と②をまるごと網羅するルーターはなかったため、①のルーター であるバッファロー最新ルーター WSR-5400AX6に決定しました。

WSR-5400AX6はコレ


評価は良いルーターだったんだけどな〜( ;  ; )

うちの家の環境に合ってなかっただけだとは思います。

うちは3LDKで端の部屋にルーターとモデム、一番遠いLDKにPCや野球を見るディスプレイ、中間にお風呂とキッチンがあり、各部屋の導線のドアやふすまをしめると、野球がブツブツ切れるという・・

ちなみにLDKにwifiの電波は2本しかきていません。

(速度結果については時間によって10倍以上の差がでることもあり、ここでは触れません)

野球だけじゃなくて、webもブツブツ切れることがあり、ちょっと仕事にも影響するのでは?と、背に腹はかえられぬで、②のメッシュWiFiで家全体をカバーするか、中継器を使うか・・を検討しました。

お金ばっかりかかりますよね( ;  ; )

結局、もう一回ルーターを買い直すのはなんか違う気がするので、中継器を使用することにしました。

ルーターはバッファロー製、中継器はTP-Link製のメーカー違い

もう一回バッファローを使う?…は却下!

TP-Linkの中継器にしました。

メーカーを変更したくなかったのですが、バッファローの中継器は評価が低いようです。

できるだけNECやバッファロー、エレコムなどの日本メーカーを使いたくて色々調べたのですが、ちょっとお目当のものにたどり着けませんでした。

TP-Linkは中国メーカーですがネット環境の商品のバリエーションや高機能での商品のコスパが良い気がします。

私見ですがアンドロイドスマートフォンも中国製品は優れているものが多く、通信機器は開発のお金のかけ方が中国の方がすごいのかもしれませんね。

TP-Link中継器 RE505Xはコレ


wifi6に対応しているということが購入の決め手になりました。

設定はQRコードからアプリをダウンロードして説明にしたがって行います。

設定自体はそんなに難しくはありませんでしたが、ちょっとどうするのかな?って箇所も正直ありましたね。

機械の設定などの操作に慣れていない人はとまどうかもしれません。。。

で、設定が終わった中継器を家の中間くらいの位置にあるコンセントにさします。

次に、ルーターから遠くてネットに繋がりにくかったPCやディスプレイを中継器のwifiにつなぎなおします。

親機の名前のあとにEXTとついているのでわかりやすいです。

やりました!つながりました!電波も3本たってます!!!

ちなみに、中継器経由すると速度は遅くなります。

これは目をつむるしかないですね( ;  ; )

結局、何がしたかったのか!!ううう〜〜

整理整頓して購入した結果だったのですが、こうなってはどうしたら良かったのかわかりませんね・・。

ただ、TP-Link中継器 RE505Xは別メーカーのルーターに対応していてよかったです。

また1~2年後にwifi環境を見直していこうと思います。

めんどくさいですね・・。

では!

パソコン・ネット環境カテゴリの最新記事